医院開業をするにはどんな物件がいいのか?おすすめの探し方とは?

サイトマップ
笑顔で問診する看護師

居抜き物件もコンサルト!医院開業費用を大幅抑制できます!

居抜き物件に活用は、飲食店やサービス業だけにメリットがあるだけでなく、医院開業にもメリットがあります。近年では、個人経営の医院では後継者不足に悩まされ、リニューアル後に後継者不足により廃院、開業したものの地域の医療ニーズに合わずに廃院するといったことは少なくはありません。そして医院開業サポートを行う専門業者に依頼することで居抜き物件を低コストで見つけることができます。
賃貸物件の場合、オーナーは原状復帰に悩まされることは少なくはありません。しかし、医院の開業を行う際に居抜き物件を利用することで受付や待合室、診察室やレントゲン室といった仕切や設備をそのまま利用することができ、開業資金を節約することができます。居抜き物件の中には什器や待合ベンチなどそのまま残されていることもあり、開業時の什器購入費用を抑えることができます。さらに後継者不足により廃院している場合、医療設備や事務設備がそのまま残されており、そのまま活用することができます。近年では、賃貸物件のオーナーが医療コンサルティングの専門業者に物件の管理や募集を委託していることがあるため、医院開業を低予算で行いたいという医師にはおすすめです。中には医療機器が残されている物件もあり、数千万円や1億円もかかるものが数千万といったこともありおすすめです。

医院開業にふさわしい物件の選び方

医院を開業するに当たって最初に直面する問題は、入居する物件をどのように選ぶべきかという問題です。医院開業が成功するか失敗するかは物件選びにかかっていると言っても過言でないほど、さまざまな開業準備の中で最も重要な作業となります。
医院開業に適した物件を選ぶには店舗を開業する場合の商圏調査と同様に、エリア内の人口や交通機関の状況といった点に関するリサーチが欠かせません。開業予定地の人口を将来にわたって予測し、なおかつ年代構成まで視野に入れた入念な市場調査が必要です。こうした開業地の選定は診療方針や開業計画とも密接に関連してくる作業で、医院のコンセプトにふさわしい物件を選ぶことが開業を成功に導く条件となってきます。
専用の駐車場を備えた一戸建ての医院を開業するのか、それとも駅近くのビルに入居するのかといった点は、選定する開業地の地域性も考慮しながら決定しなければなりません。同じエリア内に競合する医院がどれだけ存在するかといった点も含め、事前のリサーチでチェックすべき項目は多岐にわたります。
以上のような作業をすべて自力で行うのは大変ですが、医院開業コンサルタントのような専門業者に依頼すれば負担が大幅に軽減されます。そうした専門業者は事前のリサーチを代行し、医院開業にふさわしい条件を兼ね備えた物件選びをサポートしてくれる存在なのです。

物件選びで迷ったら医院開業の支援サービスへ

医師になったからには、医院開業をするのが夢と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし事前に十分な検討をせずに医院開業してしまうと、経営が軌道に乗らず失敗に終わることも多々あります。そうならないためにも、まずは場所の選定には時間をかけるようにしましょう。

どこで医院開業するのかは、集客にも直結する重要な要素です。そこで、希望の地域における人口や年齢構成を知っておきましょう。人口はできるだけ多い方が、来院患者数も増えるので重視したい点です。小児科としてやっていくのであれば、子どもの数の多さや子育てしやすい地域であるかなども調べておくと参考になります。

次に、医院へのアクセス状況を調べます。主要な道路に面した土地であれば認知度が高く集客しやすいというメリットがある一方で、土地代は高くなります。逆に通りから奥に入った場所なら割安で物件を手に入れることができるものの、患者さんを呼び込むためにそれなりの施策が必要です。高度な治療を提供することを考えているなら、主要な駅から近くの場所に構えると、医療機器の減価償却もしやすくなります。

このように場所一つとっても検討すべきことがたくさんあります。もし不安なのであれば、開業を支援してくれる専門業者に依頼するのがおすすめです。医院に応じた最適な物件を紹介してくれるうえ、お金の問題や手続きに関することなど包括的なサポートが受けられます。


難しい医院開業を現実的なアドバイスでサポートしてくれるのは【オクスアイ】です!経営者の視点からシビアなことまできちんと伝えてくれるからとても信頼できるパートナーとなるでしょう!

UPDATE LIST

TOP